30歳からスタートする東京一人暮らしOLが資産2000万を目指して意識を高くする

2017.5 資産ほぼ1000万円からスタート。とはいえ、話題取り留めなくおんなひとりの生活をつらつらと

2018年3月収支:積み立て「欲しいもの」貯金開始。

かみなし子です。
すっかり遅く。4月の収支も締めたけれど、地道にコツコツ。
家のインターネットが存在しなかったのでPCサイトの閲覧が出来なかったせい。久しぶりのPC投稿である。

 目次

収支=10万ちょっとくらい

当月収入   当月支出   当月収支  
307,000円 189,363円 118,326円

残業も少なかった。これ以外に企業型確定拠出年金の天引きが5万円くらいある。例月よりは下がっているのかな。別の口座に回したから。後述する。

※収入は多少丸い数字にしてあります

 

総資産:12,066,045円

前月が12,154,028円だったので。あれ減ってるね!まぁいいかー。多分カードの引き落としがドカン!ときたからそのせいかな。見返したら22万円くらい引き落とされてる。ぷぷ!

3月は何してたんだっけ

f:id:kaminashiko:20180430001214j:plain

ちょっとおしゃんな焼き鳥屋。近所で気になっていた。肉はよかったけれど、接客がせわしなさ過ぎて残念だったので記事にはせず。

 

あ、病んでたわ。くすぶっていたんだった。過去のブログ便利~
2月がそんなに使っていなかったけれど、だからといってダラダラと使っちゃって、ヒャー止まれ~浪費~という感じだった。なんだか。さめざめと泣いてたなぁ、振り返れるってことは今はまぁまぁ落ち着いているのよね。良かったー。甘いものとかを吸い取るように摂取していたけれど、生理終わると本当に止まるものだ。だから、食費の2万円も普通に倹約(というか食べ過ぎなければ)しておかば余裕で切れるものの、ちょっとオーバー。週末もあまり遊ばなかったし人と会わなかったので(先月のプール金で寿司に行ったとか記事は書いたね)


交際費もまずます。普段の予算3万円ですからね。独身ならではだな~と思う金額。3月は給料日がカレンダーの関係で早めだったので、実は後半から遊び始めているのだけれど。
通信費はここで切り替えたので、詳しくは後日書きたいけれど、今後減る予定。おかげで1ヵ月128kbpsで過ごすというエクストリームな月だった。

「欲しいもののための積み立て貯金」してみてる

手頃なカテゴリがなかったので、ひとまず「税・社会保障」に入れている2万円。一つの口座にダラダラと貯めていってしまっているのだけれど。敢えて、別口座に「欲しいもの買うための貯金」という貯金箱を作ってみた。楽天銀行に入れてみたんだけど。住信SBI銀行は、コンビニATMが無制限に利用無料、何より「定額自動振込」機能があったので、作ったんだよね。今は貯金の大半をぶっこんでいるのでなかなか条件がよい。最上のランクではないが、使い勝手で困ることはない。ランク判定条件はまた近々改良という意味で変更されるらしいよ。

www.netbk.co.jp

www.netbk.co.jp

これで、楽天も含め、大家さんへの家賃振込ができると。新生銀行も良いんだけどね。Tポイントが地味に貯まるし。今は5回まで(定期預金が100万くらいあるのでそれのおかげでゴールドプログラム)。他行振込で100くらい貰えるので、住信からたまに振り込んでいる。お金を左から右へ受け流すだけのお仕事。


さて楽天、なんと、10万円以下は引き出すのに手数料かかるから、ケチのかみなし子は引き出せなくなった。これぞまさしく貯金の極意かもな。手をつけられないお金。マネーフォワードには連携させていないので、たまに存在自体を忘れちゃう。正直楽天市場も全く使っていないので、プログラム優遇も全くない。10万円以上預金があれば、やっと。やっと!!1回無料になるからそこまで引き出さない。
そのくらいから何か欲しいものがあれば、優先順位(欲しい情熱)が高いものから買ってみようかと思う。もともと支出が大きくなるのが嫌だからお金が使えないタイプなので。「ここからは使っていいんだよ」という名目があるだけで違うと思う。しかし不便だな解約しようかな。 楽天カードもいらない気がする(セールはお金を使わせる口実にしか、最近感じられなくなった) 。

口座とクレカを見直さなきゃね

他にもジャパンネットバンク銀行持ってるし、引き下ろしたら貯蓄用口座はそっちにしようかな。もう多すぎなの。他にもみずほ銀行住信と新生。セブン銀行と三菱は解約したけど。クレジットカードも10枚くらい持っていそう。銀行の与信ならカウントされるんだっけ?極度額、、限度額というの?あればかり高くなっているからある意味怖いなー。

とりあえずこんなんで。最近のことは4月収支の記事に回すこととする。

 

項目 金額 割合
食費 合計 21,511円 11.36%
食費 18,317円 9.67%
昼ご飯 900円 0.48%
カフェ 2,294円 1.21%
交通費 合計 15,000円 7.92%
その他交通費 15,000円 7.92%
日用品 合計 3,209円 1.69%
日用品 2,059円 1.09%
タバコ 1,150円 0.61%
衣服・美容 合計 8,139円 4.30%
衣服 3,500円 1.85%
美容院・理髪 3,832円 2.02%
化粧品 807円 0.43%
交際費 合計 12,947円 6.84%
交際費 12,947円 6.84%
住宅 合計 86,000円 45.42%
住宅 86,000円 45.42%
通信費 合計 6,266円 3.31%
インターネット 6,266円 3.31%
健康・医療 合計 15,775円 8.33%
フィットネス 10,044円 5.30%
医療費 2,840円 1.50%
2,891円 1.53%
税・社会保障 合計 20,001円 10.56%
その他税・社会保障 20,001円 10.56%
その他 合計 515円 0.27%
雑費 515円 0.27%

 

f:id:kaminashiko:20180429235720j:plain